エロアナル漫画 逆アナル漫画 アナル漫画無料 無料アナル漫画 東方アナル漫画 アナル漫画画像 男アナル漫画 人妻アナル漫画 【内容紹介】職を失い、若さも失くした中年男、長谷川雄三はその日暮らしのホームレス。友達もおらず、日々を孤独に送っていた。そんな雄三のただ一人の友達は、○学一年生の片桐彩香。子○のころから、おじちゃんおじちゃんと雄三になついている女の子だった。彩香にだけは心を開いている雄三だったが、しかしある日、彼は彩香の『女』の部分に気が付いて――日焼け止めも塗らずに外を遊ぶ、まだまだ○学生気分が抜けない○学一年生の女の子が、中年男の毒牙にかかる!こんなのは嫌だ、もうやめたい……。少女は中年から逃れようとする。しかし、やがて彼女はメスの快楽の前に屈してしまい――本編文字数約20400字。キーワード:女子○○生、セックス、破瓜、処女、強姦、レイプ、アナルセックス、快楽堕ちグロ、鬼畜、暴力等の描写はありません。【本文サンプル】第一章「いや、おじちゃん、ちょっと風邪を引いていてな。それでずっと寝込んでたんだよ」「えーっ、ホントに?」彩香は大げさに驚いて、「大丈夫なの、おじちゃん。薬とかある?ウチから持って来ようか?」と、優しいことを言ってくれた。これが大人の言ったことなら、哀れみをかけるのか、と言って激怒したであろう。雄三はそういう男だ。他人の優しさを哀れみとか侮辱とか、そういった受け取り方しかしない。だからこそ孤立した。だが相手が子○ならばさすがに別で、彩香の思いやりに、雄三は素直に感謝した。「ありがとう、彩香ちゃん。でもおじちゃんは大丈夫だ」「ほんとに?」「ほんとさ」「良かった」その笑顔がとても愛らしい。小学校の低学年のころから、目が大きく、ツインテールのよく似合う美少女だったが、成長してきた最近は、より可愛らしくなってきている。成長といっても、身長は百五十センチあるかないかだろう。女子は男子よりも成長が早く、○学に入るころには身長の伸びが遅くなるから、彩香もこれ以上背丈が伸びることはないかもしれない。(しかし、色っぽさはあるの。なかなか……)雄三の視線は彩香の胸や腰、尻、足に向かう。彼女の制服はごく一般的な公立○学校のもので、上と下がつながった、いわゆるジャンパースカートなのだが、その制服の下にある胸はわずかな膨らみを見せている。さらにスカートの下のナマ脚も思った以上に発育していて、少し日焼けしたふくらはぎと、赤みを帯びたひざこぞうは、○臭を漂わせつつもどこか女を感じさせた。と、そこまで思いを馳せたところで、雄三はハッと我に返る。(いかんいかん、こんな子○になにを考えているんだ、俺は)しかし、一度彩香を女として見てしまった以上、かつてのように子○として見ることは不可能だった。――そうだ。この子も女なんだ……。第二章「おじちゃん」彩香が、意を決したように言った。「おじちゃん。やっぱりこんなの、よくないよ。わ、わたし……もう、おじちゃんとエッチしたくない……」「……あん?」雄三はぎろりと睨んだ。彩香は一瞬、びくっと身体を震わせる。だが、今回の彼女は妙に勇敢だった。その整った顔立ちをきっと引き締めてからなおも告げる。「か、考えたの。……やっぱりおじちゃんとこういうことするの、良くないことだって思う。すごくいやらしくて、だめなことしてるって思うもん。だからわたし、もうおじちゃんとエッチしないから。あっ、もちろん、おじちゃんがわたしにしたこと、絶対に誰にも言わないから。――だ、だから、もうここには来ません。もう、エッチはおしまいです。……おしまいです!」毅然とした声音であった。彩香は、相当な決意をしてここにやってきたらしい。第三章いきなりの前戯であった。会話もなにもない、男の欲望丸出しの行為。しかし彩香は嫌がりもせず、むしろ身体を前へと押し出し、「んんっ……ああ……おじちゃん、気持ちいい……」息を荒くして、卑猥な顔つきで笑みを浮かべる始末であった。雄三は、そんな彩香を見てほくそ笑み、気持ち強めに彼女の女陰を弄りまくる。指先が、あっという間にぐちょぐちょになった。汗ばんだ太ももの内側から垂れ流れてくる、○一少女の淫らな愛液。匂いを嗅いでみると、それは濃密な女の香りがした。「彩香ちゃん、もう濡れてるじゃないか」「うん。昼休みにね、トイレの中で、ずっとオナニーしてたから……」「なんだ……それはかわいそうにな。寂しかったのか?」「寂しかった……。おちんちん、欲しかった……。アソコをね、自分で触ってもね、強く弄ってもね、全然ダメなの。イッてもイッても、オナニーじゃ物足りないの」「そりゃそうだ。ちゃんとセックスしないと、興奮は収まらないよ」「うん。だから来たの。ね、早くして、おじちゃん。わたし、もうエッチしたいの。ねえ、おじちゃん。いっぱいしてくれるよね?わたしのこと、たくさんたくさんイカせてくれるよね……?」彩香は切なそうな声をあげながら、雄三の股間に手をあてて、ズボン越しにペニスをこすりだす。