女 辱め 辱め 漫画 辱め 動画 女性 辱め 辱め画像 辱め 意味 辱め 体験 辱めとは ポルナレフ 妹 辱め 辱め 小説 平安時代から続く名家の一条家。その四女であり、名取重工社主の後妻、香子(かおるこ)。何不自由のないセレブな生活を送っていたが、彼女には人に言えない性癖があった。危険を伴った悪い遊びの結果、その変態性癖を田所と言う不潔な男に知られ、男の興信所の事務所で変態セックスを強要されて肉棒の快楽に歓喜の泣き声をあげて果てた。一度きりの不倫と心に決めていた薫子だったが、田所にM性を覚醒されてしまった彼女は、次第に男の肉棒と豚扱いされる変態セックスの快感が忘れられず、身体の奥底から湧き出るような強烈な性欲と変態願望に苦しむ事となった。頭の中はあの田所との変態プレイの事ばかり。そしてとうとう、夫の欧州出張のおりに、意を決して田所に電話をしてしまう。「もう一度、あなたの身体をお金で買いたいのです、前金で50万、私を満足させたらもう50万支払います」…と。清楚なスーツに恥ずかしい女の汚れをたっぷりつけた身体を包み、不安と期待に震える香子は、連れ込まれたラブホテルで、田所の調教を受けることとなった。生まれて初めて入ったSMルームに圧倒されながら、彼女は身体のあらゆる部分の汚れを暴露される辱めを受け、強烈な羞恥責めに歓喜の声をあげて泣き狂い、女性の羞恥の体液を垂れ流して悶える。田所の人格を破壊する執拗な羞恥責めと木の板よる強烈な尻叩きに、肉棒を懇願し、卑猥な淫語を泣き叫ぶ香子。そして、夢にまで見た田所とのセックス。何度も肉棒でつかれ、子宮口を押し開いて亀頭をねじ込まれ、何度も精液を体内に注入される悶絶種付けセックス。汚い平民に汚される羞恥と痛み。そして快感の錯綜する変態セックスに溺れる清楚でお上品な名家の貴婦人。汚い男に犯され、強烈な屈辱と快感に泣き狂い、最後には自ら快楽を貪り食う。その姿のなんと卑猥で御下劣な事か。むつき渾身の変態漫画。お下劣貴婦人2前編。総天然色102P。乞うご購入。