荒ぶる魔神を鎮めるため、古の儀式に乗っ取り、神への生贄に捧げられた幼い巫女、和葉。彼女が地の底で見たものは、歴代の生贄の少女たちが、当時の姿のまま触手塊にレイプされ、快楽に身を委ねる姿だった。恐ろしい光景に悲鳴を上げる和葉だったが、彼女もまた触手に襲われ、少女たちの一員に加わる。最初は抵抗する和葉だったが、やがてその快楽に溺れていき――ファイル形式:PDF本文:40ページ(40文字15行/A6サイズ)約17000文字注意:挿絵はありません著:イオ