女性は、男性がもたらしてくれる快楽には限界があることを、やがて知る。ある町の片隅に、男性とのエッチでは満足できなくなった女性たちが訪れる店があった。看板のない店。その店の若き店主は驚くことに、触手を持つ獣『触獣』に変身できる能力を持っていた。店主は触獣の能力を駆使して、女性たちに極上の快楽を与えていく。そして今宵も…。今宵は定休日。店長は定休日を利用して、新たな触手の開発と実験を行っていた。触手に装着する器具の開発には、博士と助手が協力者として携わり、3人は順調に開発と実験を進めていく。一方、看板のない店に唯一雇われている店員は別室で…。本編30ページ。