田舎のおばさん無料 超短編(掌編)のほのぼの小説です。家出した都会に住むJKが雨でずぶ濡れになって、演歌を歌う地元のお客さんたちが集まる温かい田舎の居酒屋へやって来る話。温かいお客さんたちに囲まれた都会のJK。そのギャップをお楽しみください。【抜粋】‘演歌って言うんだよね。凄く気持ち良さそうに歌ってるけれど、あたしはあんまり知らないんだ。’◇旦那公のJK目線で書いています。◇文字数は約660文字です。