純一のオナニー行為を見てしまった、紗○、七○。その夜、邪魔した事へのお詫びをしに、それぞれ純一の元に訪れた。