さていよいよ処刑編ですが、処刑だけですから偉く短いです。何だか無理矢理三部作にした感もなくはないですが、このままでは下巻がえらく長くなってしまうと言う事もあるのですが、最後の処刑だけ読みたいという人に延々とわき役たちが殺されたり、主役の王女様がさらに嬲り者にされるのを読ませるのに忍びないと考えた、いわば忖度の結果でもあります。