もしも貴方が幻○郷に迷い込む程度の能力だったら?再びな紅○館、今度は夜シリーズということでほんのり寸止め分増量風味な滞在を。