オナニー漫画無料 ふたなりオナニー漫画 エロオナニー漫画 角オナニー漫画 男オナニー漫画 潮吹きオナニー漫画 無料オナニー漫画 アナルオナニー漫画 野外オナニー漫画 2次元オナニー漫画 【作品紹介】結婚式を挙げて半年足らずの新妻が、元上司に乱暴され、その後も性奴隷として調教される!愛する夫と社内恋愛の末に結ばれた優子だったが、夫が不在の自宅に忍び込んだ彼女の元上司、山波によって○辱、身体を奪われる。その上、セックス時の映像まで隠し撮りされた彼女は、卑劣な男の要求に屈し、性奴隷に堕とされる。「キミにはこれから、1週間のうち5日間だけ僕の妻になってもらう。つまりだ。土曜と日曜は、出向先から戻る三橋君と新婚生活を愉しんでもらい、月曜から金曜は、僕と夫婦水入らずの生活を送ってもらうよ」総文字数53057字(本文のみ)縦書き用と横書き用の2パターンを同梱。製品版には、既刊小説全てのお試し版も同梱済み。【登場人物紹介】三橋優子(みつはしゆうこ)B84-W58-H8627才本作品のヒロインであり、結婚して半年の新妻。大学を卒業後、中堅規模の商事会社に事務職として入社するが、同じ社の営業部門にいた秋伸と知り合い結ばれる。成熟した女性らしい魅惑的な肢体に、どこかあどけなさを残す美顔。何事につけても控えめでおしとやかな性格から、寿退社を迎えるまで、社内の誰からも好かれていたようである。結婚後4ヶ月で、夫の秋伸が子会社に出向することになり、週末だけの夫婦生活に寂しい思いをしている。三橋秋伸(みつはしあきのぶ)優子の夫であり、現在29才。中堅規模の商社に勤めている。妻の優子とは職場結婚で結ばれたが、新婚生活が始まった矢先に、子会社に出向を命じられる。本人曰く、やりがいのあるプロジェクトとのことで張り切ってはいるのだが……学生時代からラグビー部に所属していた影響か、ガッツ溢れる好青年である。山波哲司(やまなみてつじ)優子が商社に入社した時の上司であり、現在は、夫である秋伸の上司に収まっている。40代前半ながらも、社内ではやり手と評判の社員であり、ゆくゆくは執行役員という噂さえある。優子を秋伸に紹介し、恋愛の橋渡しから結婚式の仲人までを買って出たのも彼である。面倒見が良く、優子も職場の上司として尊敬していたのだが……【目次解説付き】第1章新妻の指は股間へと沈み……結婚後半年の優子は、出向を命じられ週末しか会えない夫への寂しから、寝室でオナニー耽る。そんなある金曜日の夜、帰宅する夫を待ちわびた優子の元に、不気味な男の影が……第2章脅迫~レイプ魔のペニスと結ばされて優子の身体を狙い自宅に侵入したのは、彼女の元上司でもある山波である。レイプ目的で優子を襲いながらも、山波は彼女に卑劣な取り引きを持ち掛け……第3章メス奴隷への序曲1度だけのセックスと信じて身を差し出した優子だったが、その様子はビデオで撮影されていた。騙された優子は、今後も山波に弄ばれることになる。身も心もズタズタにされ落ち込む優子を、秋伸は心配し……第4章新妻の鳴き声は、個室トイレに響くショッピングセンターで秋伸と別行動を取った優子は、待ち構えていた山波に連れられて、男子トイレへ向かう。個室の中で背後から犯された優子は、声を殺しながらも官能を植え付けられ、その上……第5章露出調教は、恥肉の悦びサイズの小さいテニスウェアを身に着けさせられた優子は、山波にコンビニへと呼び出される。そこでたむろする男子学生を相手に、ストリップまがいの行為をして見せ、更には纏っていたランジェリーを……第6章恥辱接待~闇夜の路地裏で山波が監視する中、人通りの少ない路地裏で優子は、行きずりのサラリーマン達に声を掛ける。ふしだらな女を装い、男のペニスを口に咥え、更には持参したバイブで膣腔を貫くように懇願させられる。第7章わたしは負けない!あなたの妻だから想像を絶する凌辱に晒され、優子は悲壮な決意を固める。愛する夫を想い……【作品試し読み】第2章脅迫~レイプ魔のペニスと結ばされて「あぁ……こんなの、恥ずかしい……」「優子ちゃん、いや、優子。目を閉じるんじゃない!」消されていたリビングの照明は、赤々と点灯されていた。LEDライトの光の中で、優子は天井を仰ぎ見ながら股を開いていた。次第に支配者としての本性を発揮する山波。その憎い男の身体を優子は跨いでいる。ボロキレだった衣装は全て取り払われて、四肢を拘束していたガムテープも除去されて、生まれたままの全裸の身体を、隠すべき女の秘部も含めて全て曝け出しているのだ。「僕のことを愛する夫として、優子は相手をしてくれるんだろう?だったらまずは、愛する妻のオマンコを観察しないとな」山波の目線が、デリケートな部分で這い回るのを感じた。夜の営みで秋伸の目にしか触れさせなかった女の亀裂を、優子は卑劣な男に覗かせているのだ。これが、かりそめの夫婦が交わした取り引きである。秋伸が出向先から戻って来る、およそ3時間の間、優子は山波の妻として過ごさなければならないのだ。素直に従えば、今夜の出来事はなかったことにする。おまけに秋伸の上司として、彼が取り組んでいるプロジェクトを全面的に支援すると。もし取り引き不成立なら、力づくで優子をレイプし、その足で自ら警察に出頭すると。(あなた、ごめんなさい。不埒な優子を、どうか許してください)口にすれば山波がニヤ付くセリフを、優子は幾度となく胸の内で唱えていた。「旦那とズボズボやっている割には、綺麗なマン肉をしているじゃないか。今度は指で開いて、中の肉を見せるんだ。ふふっ、優子は僕の妻だから、ちゃんと出来るよな」「はぁ、はい……優子は、アナタの妻です。だから……くぅっ、見てください」