遠方支部での長期遠征を終え府に戻った木○。お互いに落ち度を感じ、お互いを気遣い、労うため提督と木○が背中を流し合う本です。