神殿の象徴とされる大司祭の夜の淫らな生活を描きました。