毎朝眠ってるご主人様の熱いアレから迸る濃厚をミルクをお口で受け止めるのが日課です。でもほんとは別の場所にいっぱい注ぎ込んで欲しいんです!